CAD関係

三次元CAD導入支援のメリット


製品を製造するプロセスが短縮される。

3DCAD導入支援後の障害

製品化するまでの時間

3DCADを導入した際、もっとも障害となるのは製品を製造するまでの期間です。実際に設計を行える状態になったとしても、設計図からCAMを作れなければ、物を作ることはできません。

また、CAMを作れてもCNCやMCへ読み込めるGコードへ変換しなければマシンで加工を行うことができません。ですから、素人からスタートして実際に製品を大量生産するまでには数年の月日がかかることになります。

製品化までのプロセスを見て覚えれる

実際に加工するまでのプロセスは学べる機関や、教育施設もありますが、製品化を行うには自分で工程を作成しプログラミングしなければなりません。よって、加工方向や加工速度などすぐには最適な数値を編み出すことができず、最適な加工条件を見つけるまで数か月かかるでしょう。

そうした場合にも金属・非金属で立上げを行ったエンジニアが一緒に立ち会うことで、実際のプログラミングや加工条件設定などを見ながら覚えることで、素人の方でも短期間で理解することが容易になると考えられます。

定期的に見てもらえる

アフターサービスの契約行うことで、後々のマシンメンテナンスや、プログラミングの再セットアップなど。必要なサービスを必要な時に行うことができ、高度なエンジニアを正社員として雇い入れるよりも低コストで製品を生産する技術を保持することが可能となると考えられます。