お知らせ

転送量を減らすことで軽いホームページを作成する

熊本のホームページ制作・3DCAD技術のM'sCREATAS

転送量を減らすことで軽くて効果的なホームページを作成する

gzip圧縮でCSSやJSなどの転送量を減らす

gzip圧縮とは?

gzipとはデーター圧縮を行うプログラムの一つです。普段インターネットを開きホームページを見る際、通信を行いデーターを受信して表示されます。このデーターの内容を圧縮することで転送量を減らすことができ、表示までの時間を短縮させることができます。また、閲覧する側も少ないデーター量で情報量の多いコンテンツを閲覧できることや、データー量を極力消費しないよう構築されているので、携帯などのパケットの節約につながります。gzip

例えば上の写真のように、本来ならこのサイトのトップページは41,366バイトですが8,613バイトで表示できるように圧縮されています。

 

 

gzip圧縮を設定する方法

①.htaccessへ記述する
②プラグインをインストールする
③gzipファイルの自作

などの方法があると思われます

手間がかからないことや、融通がききやすいのは①や②ですがサーバーへ負担をかけてしまいます。③は非常に手間がかかりますがサーバーへの負担を低減することができます。契約しているサーバの種類にもよりますが、主に①や②で行われることが多いと思います。当社もこの方法を採用しております。