ブログ

最近よく聞くIoTとは?


モノのインターネット

IoTとは・・・「Internet of Things」の略

営業中に話題にあがった『IoT』 最近はメディアなどでよく耳にする機会も多い言葉だと思います。これは「Internet of Things」の略で日本語では「モノのインターネット」と呼ばれています。

「IoT」って?

簡単に説明すると、家電製品がネットワークに繋がっていて操作できる。例えば、外出中に自室のエアコンの電源を入れる→帰宅したときには適温の環境で入室できる。など外から操作する。または、外出中に部屋に設置したセンサーからのデータを受信し室内の温度を確認する。これらのことをインターネット経由で行うことができます。

しかし、人工知能が機械の操作を行えるとして、日常生活習慣の情報があったとし、その情報をクラウドへビッグデータとして保存されているとすると

外出中に人工知能が携帯から座標データを入手

日頃の帰宅する時間帯データと帰宅ルートの照合

帰宅する予想時間を算出

移動時間を逆算し、人工知能がエアコンのスイッチを入れる

帰宅したときには適温となる。

 

といった、無操作でコントロールすることも含まれ、データをフィードバックすることでより正確な行動を行えるようになる。

映画のような生活が現実的に可能になるのも、そう遠い未来ではないのかもしれない。